​MJの保育理念について

代表理事挨拶

皆様には、日頃よりご愛顧いただき心より厚く御礼申し上げます。
一般社団法人スポーツネットは岩手のスポーツの支援と環境改善を目的に平成28年に組織されました。また、一方で国の政策である企業主導型保育事業に取組み、MJ保育園加賀野を開園、その後、学童保育クラブMJけやき子ども会の運営・管理を行っています。スポーツ事業においては、「いわて銀河100kmマラソン」や「フットサル安比カップ」などスポーツで地域活性化を視点に岩手のイベントとして毎年開催しております。
「三つ子の魂百まで」という先人の言葉があります。幼少期の経験はその後の人格形成に大きな影響を与えると言われています。子どもは生まれてから3年間で、歩く、話す、食べるなど急速に発達することを踏まえ、MJ保育園加賀野は「預かるから育てる」をモットーとし、従来の概念にとらわれず、子どもたちの成長をサポートしてまいります。また、企業主導型保育事業は、多様な就労形態に対応する保育で仕事と子育ての両立、女性活躍の推進、働き方改革など保護者のそれぞれの立場を考慮して応援しております。
今後もスポーツイベントや地域総合型スポーツクラブのサポート事業を推進すると共に、保育事業と学童保育を通して、子どもからマスターズ世代が地域で元気に暮らせる環境改善に邁進してまいります。皆さまのご理解とご協力をお願いいたしましてご挨拶とさせていただきます。

         一般社団法人スポーツネット
                  代表理事

佐々木伸郎

園長挨拶

 私事ではありますが、長年岩手県内の小学校で児童の教育に携わり、子ども成長を見守り、支援する経験を積んで参りました。東日本大震災の際には、沿岸の小学校で校長として震災発生直後の子どもたちの命を守り、避難所の設営を行うなど貴重な体験もいたしました。
 大任を果たし、教職を終えて第二の人生を歩もうとした矢先、代表理事からお声がかかり、本園の理念「預かる保育から、育てる保育」に共感し、令和元年より園長に就任いたしました。
 人を育てるという勤めは、これまでと共通するものがありますが、園児の笑顔とひたむきに何かを求める真剣で可愛い瞳に囲まれて、園児の姿から新たな発見に胸躍らせる毎日です。
 未来を担う子どもたちの成長に関わることができる喜びと大きな責任を感じながら、保育士や看護師と一体となり、保護者の皆さまと社会環境の要望に応えることができるよう精進して参りますので、皆さまの温かいご支援とご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

            MJ保育園加賀野 園長
            

阿部 悟

岩手の子どもたちに

夢のある明るい未来を。

お子さまのを守り

大切にてる事が私たちの生涯の

仕事であり使命と考えます

岩手の子育てについて熱く語ってみませんか?
地域の未来と真剣に向き合う大人を大募集!

運営会社:一般社団法人MJスポーツネット

サービス・事業一覧

- スポーツ振興事業

- 企業型保育園運用事業

- OTHERS

営業時間

月曜ー金曜:9:00 - 17:00

アクセス・お問合せ

〒020-0807

岩手県盛岡市流通センター北1-12-5アドヴィレッジ2F

© 2019-2020 by ProjectMJ Powered by MJ SPORTS NET & OFFICE TRY.INC,